有酸素運動と無酸素運動のメカニズム☆運動することで体はどう変化する?

ダイエット生活61日目☆

子供たちも新学期ですね(*^^*)
今日から再びお弁当の每日
これが每日になると意外とコツを掴んできて
ルーチンワークに組み込まれると
出来上がった後の流れで
家事もそのままヒョイヒョイ片付くもので(*´∀`*)
また子供たちと共に新学期も頑張るぞ!

スポンサーリンク

本日のヘルスデーター

体重    66.5kg

BMI    25.7

本日の献立

朝     マルチビタミン
      マルチミネラル

昼     基本セット
      蒸し鍋

間食    コーヒー

夜     枝豆
      カマンベールのベーコン巻き
      とんかつ
      サラダ

体重減ってます(*´艸`*)
まだ0.5kgとかだけど
めちゃくちゃ嬉しい~♪
奴についに勝つ日が来たとは・・・(T_T)
停滞期を乗り越えたのは始めてで
ここからは未知の世界になってくるので
前回も書いたけど

落ちていく基礎代謝を運動等で補っていく

作戦も練って取り組もうと思っています☆
頑張っていきますよ~!

每日の日々の中で気軽に出来る運動って
具体的に何があるんだろう?という事で
単に運動といっても
たくさんの運動の仕方があると思います。
そもそも運動をすると体にどういう影響があるのか?
という観点から色々と調べてみました!

まず、運動には有酸素運動と無酸素運動があり

有酸素運動は
空気中の酸素を体内に取り込みながら
ゆっくり筋肉に負荷をかける運動

無酸素運動は
短時間に一気に筋肉に負荷をかける運動

スポンサーリンク

二種類に分けられます

例を挙げると、有酸素運動には
ウォーキング、登山、ジョギング、水泳、サイクリング
エアロビ、各種スポーツなど
時間をかけて行う運動があります。

逆に無酸素運動には
各種筋トレ、短距離走、中距離走など主に
瞬発的に負荷をかける20分以内の運動
などが挙げられます。

有酸素運動のメカニズム
空気中の酸素を使って、体に貯蓄されたグリコーゲン(内蔵、皮下脂肪)
をエネルギー源に使って筋肉や体を動かします。
開始5分後ぐらいから少しづつ脂肪燃焼が始まり
本格的に体脂肪を燃焼し始めるのは20分以上経過してからです。
ただし、一つだけ注意点があって

息が上がってしまう状態になると無酸素運動に切り替わる

らしいので、あくまで自分がしんどくなり過ぎない程度で
長時間持続出来るものがいいですね。

無酸素運動のメカニズム
短時間に負荷をかける無酸素運動は
筋肉の中に蓄えられたグリコーゲンを使う
体脂肪は減りません。
しかし、無酸素運動を行うと、成長ホルモンが分泌され
筋肉を成長させます。筋肉を鍛え成長させることによって、
筋肉量が増える為、結果的に

基礎代謝が上がり、脂肪が蓄えられにくい体を作ります。

注意点は、しんどいと感じるぐらいの負荷が必要!
まったく息も上がらない楽な方法では
成長ホルモンがうまく分泌されないので
きついなって自分が感じるぐらいの筋トレが望ましいそうです。

体の中ではこんな事が行われていたんですね(´・ω・`)
調べてみると、今まで思っていた運動イメージと
ずいぶん違うので驚きです。
運動が体に良いって言われてるけど
具体的にどの様に良いのかまで考えた事無かったから
勉強になります!
皆さんにも参考になればいいな(*^^*)

本日のレシピ
カマンベールチーズのベーコン巻き
image1 (6)

材料

カマンベールチーズ  4個入り
ベーコン       4枚入り
ピザソース      適量
パセリ        あればでOK

作り方

1.カマンベールにピザソースを少量塗り
 ベーコンを巻く
2.フライパンに油をひかず、巻き口を下にして
 チーズが柔らかくなるまで焼く
3.器に盛り付ける際にパセリがあればみじん切りに
 細かく刻み散らして出来上がり

これめっちゃビールのつまみに良い!
色々なチーズで試してみたけど
カマンベールが1番美味しかったです(*^^*)
スーパーとかで売ってる長方形のチーズが
ベーコンと同じ大きさで便利でした♪
是非皆さんも食べてみてくださいね(*´∀`*)


 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ