カロリー制限食と糖質制限食のメリット・デメリット!

ダイエット生活19日目☆

今日は仲の良い友達が遊びに来て♪
久しぶりにまったりしました(*^。^*)
コーヒーを片手に目の前にはチョコ!
昔の私なら貪りついていたところを
不思議と食べないでいられる自分が信じられない(笑)
糖質依存、本当に抜けてるんだわ(^o^)v
もちろんコーヒーには糖質ゼロのお砂糖を
糖質カット期間は過ぎたので牛乳も少々!
コーヒー美味しかったわ♪
またおいでませね☆

スポンサーリンク

さてさて前置きはそこそこに

本日のヘルスデーター

体重     67.5kg

BMI     26.0

本日の献立

朝      なし

昼      基本セット
       お好み焼き一切れ
       かす汁(鮭、大根、人参、こんにゃく、油揚げ)

間食     コーヒー(糖質0砂糖、牛乳)

夜      基本セット
       八宝菜(豚肉、エビ、ホタテ、人参、たまねぎ、)
       糖質0ビール 1缶

19日目 -7.5kg ☆

糖質カット期間も終え、
糖質を少しづつですが取り始めました(*^^*)
大根、人参、たまねぎ、牛乳、お好み焼き(小麦粉ね)
なんかは糖質になります。
これが体重の変化にどう影響があるか?
後もう一つ、昨日生理がきました(*´艸`*)
生理後は体重が落ちやすいと聞きますが、
どういう感じになるかしら?
今月は糖質制限初めて最初の1ヶ月なので
その辺の食べ物や生理現象もふまえて
観察してみますね☆

さてさて、前回までは糖質制限食の基本的な方法や
メカニズムなんかのお話だったのですが
今回はダイエットと言う観点から

カロリー制限食と糖質制限食の
   メリット・デメリットについて

考察してみたいと思います☆

カロリー制限食

メリット  ・栄養面を基本ベースにメニューを組むので
        バランスの取れた食事になる
       ・有酸素運動等を取り入れて、摂り過ぎた
        エネルギーを消費し運動不足も解消できる
       ・バランス良く食べるので栄養の偏りが少ない
       ・主食をベースにメニューを組むので、おかずの
          量が減りコストが安くつき経済的

スポンサーリンク

デメリット  ・カロリーの計算をする為、食品の消費カロリーの
          計算が必要で面倒
       ・運動嫌いの人は食べる量をを減らさなくてはいけな
        いので空腹時のストレスがある
       ・糖質が断ち切れないため、糖質依存で食べたい衝動が
        ある。
       ・甘いモノやボリュームのある食べ物はカロリーが高い
        為、あまり食べる事が出来ない
       ・リバウンドのリスクが高い

糖質制限食

メリット  ・糖質の多い食品を避ける、量をコントロールするので
       
基本細かいカロリーの計算が不要
       ・運動が必要ないため運動嫌いや運動の時間が取れない
        方など、ライフスタイルを選ばない
   

             ・糖質依存を断ち切るため、リバウンドのリスクが低い
       ・糖質0の砂糖等を使って、工夫すれば甘いものも摂取出来る
       ・糖尿病の予防になる

デメリット
   ・糖質を制限し、脂肪代謝に変えるので、高コレステロールの
        疾患の方には向かない(高コレステロールに傾く)
       ・摂取カロリーと栄養面の偏りを避けるため、品数を
        たくさん食べなくてはいけない
       ・米(食物繊維)をあまり食べないので、体質的に便秘がちな
          方は便秘になりやすい
        ・品数が増えたり、糖質0の食品等でコストがかかる
        ・初めの糖質依存を断ちきるまでがストレス

あくまで私の主観的な観点からですので、他にもあったり他の方には
当てはまらなかったりするかもしれませんが(;^ω^)
どちらにもメリット・デメリットはありますが
要は

自分のライフスタイルや体質、目的によって

有効な方法を取る

というのが正解なんでしょうね☆
参考になるかな?(^o^)v

低カロリー・低脂肪・低糖質・低炭水化物・コレステロール0!
ウォルデンファームス

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ